絵本・育児本

冬に読み聞かせしたいおすすめ絵本【年齢別に紹介しています】

寒くなってきたね~!ericoちゃん、冬におすすめの絵本知らない?
冬は室内で過ごすことが多いから、絵本を読む時間が増えるよね!
冬におすすめの絵本を紹介していくね。

4歳と1歳の子どもに毎日読み聞かせをしています。

この記事は冬の絵本を探している方におすすめです!冬の読み聞かせにおすすめ絵本がわかります♩

※年齢はおおよその目安です。

 

1歳頃からの読み聞かせにおすすめの絵本

1歳頃だとまだ季節を理解するには難しそう。

四季にはあまり関係ないですが、こちらの絵本がおすすめです。

 

スープになりました

ericoちゃん、この絵本、スープの絵本だよ?
そうだね。この絵本を読み聞かせするとぽかぽかと温まってくるような気がするんだ。冬に読み聞かせをするのにおすすめの絵本だよ!

 

にんじんが、スープになりました。ごくん。
じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

引用元:amazon.co.jp

わぁ!本当だ!温かみのある木版画のイラストから温かさが伝わってくるね~!

いろんな野菜をスープにしていく絵本です。

子どもたちはこの絵本を読むとスープをフーフーと冷ます真似をしたり、飲む真似をしています。
何度読んでもおなじ真似をしてくれるので、そのかわいい真似が見たくて、つい読んでしまいます。

そんなことをしているうちに、心が温まってきます。

冬に読み聞かせをしたくなる絵本です。

 

2歳頃からの読み聞かせにおすすめの冬の絵本

季節を理解し始めるお子さんもいるのではないでしょうか?

冬ならではの行事や雪などに親しめる絵本がおすすめです。

 

14ひきのもちつき

薪をわるおとうさん。かまどに火を入れたおじいさん。
おばあさんとおかあさんは、お米の準備。子どもたちも起きてきて、お手伝いします。
さあ、いよいよおもちつき。ぺったんとったん、どんなおもちができたかな?

引用元:amazon.co.jp

おもちつきって楽しいよね~!
むすめの幼稚園は冬におもちつきをするんだけど、おもちつきの前に読み聞かせしてあげたい絵本だよ!

お餅つきの準備から、おもちを食べるところまで楽しめます。

14ひきシリーズは見開きページいっぱいに繊細なイラストが広がっているので、読むたびに発見がありおもしろいです。

14ひきのみんなにちゃんと名前があるんですが、みんなお顔が似てるのでわたしもむすめもなかなか名前が覚えられません。
絵本を読んでいる間に表紙と裏表紙に書いてある名前を見ながら、ろっくんはこの子だね、くんちゃんはこの子だね、とその都度確認しています。

 

14ひきのさむいふゆ

この絵本も14ひきシリーズだね!
むすめがね、14ひきシリーズが大好きで集めているんだよ~

 

森は雪にうもれています。

ねずみたちは、部屋の中でゲーム遊び。おじいさんは、そりを作って……。

引用元:amazon.co.jp

我が家が住んでいる地域はこんなに雪が積もることがなので、雪が出てくる絵本はワクワクするみたいです。

4歳のむすめは○○県にも雪降らないかなあ。そり滑りがしたいよ~!たのしそうだねぇ♡と言っています。

14ひきは雪がやむまでおうちの中でゲームをしたり、あったかいお饅頭を作ったり、そり滑りの準備をしたりするのですが、読み聞かせをしているこちらまで楽しい気持ちになる絵本です。

出来立てのお饅頭がすっごくおいしそう。

 

てぶくろ

雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みこみました。
そこへ、カエルやウサギやキツネが次つぎやってきて、とうとう手袋ははじけそう……。
個性ある動物の表情が特にすばらしい傑作です。

引用元:amazon.co.jp

動物たちがどんどんてぶくろの中に入っていっておもしろいね!
てぶくろの中にあんなにたくさんの動物が入るわけないけど・・・子供はこういうファンタジーな物語が大好きだよね。

ぎゅうぎゅうになった手袋の中に入っている動物たちの表情が豊かで面白いので読み聞かせしながらついつい見入ってしまいます。

むすめはこの絵本を読むと手袋がパンパンだねぇ・・・と少し心配そうに聴いています。

 

3歳頃からの読み聞かせにおすすめの冬の絵本

3歳になると少し長めの絵本が楽しめるようになるので、冬の世界に引き込まれる絵本がおすすめ。

3歳頃になるとお話が上手になるので、絵本を読み終わった後に感想を聞いたりするのも楽しいです。

 

チリとチリリ ゆきのひのおはなし

初雪がふった日、チリとチリリは自転車で森へ出かけました。
まっ白な森を進むと氷の扉があり、中に入るとそこには……。
別世界のような雪の森での体験を描いたあたたかい物語。

引用元:amazon.co.jp

わぁ!チリとチリリの絵本だ~!いろんなシリーズが出てるよね!
チリとチリリファンのママさんも多いかも?ついつい集めたくなるシリーズだよ~。

チリとチリリって、色鉛筆のイラストが綺麗で癒されますよね。

あったかいお風呂に入る場面があるのですが、本当にできたら楽しいだろうなぁ~!!

チリとチリリの絵本って、よくおいしそうな食べ物や飲み物が出てくるよね~!
ericoちゃんったら、食いしん坊なんだから~!

このシリーズはどんな食べ物や飲み物が出てくるんだろ~って読み聞かせしながらワクワクしています。

 

だるまちゃんとうさぎちゃん

だるまちゃんシリーズの第3作目。
雪の日、だるまちゃんはうさぎちゃんたちに会い、いっしょに遊び始めました。
冬の遊びをふんだんに紹介している絵本です。

引用元:amazon.co.jp

だるまちゃんシリーズ冬のお話といったらだるまちゃんとうさぎちゃん
2匹のうさぎが愛くるしいよね!一緒に遊びたくなっちゃう!

うさぎのてぶくろ人形ナプキンの折り方帽子の作り方などが載っていて、実際に自分で作って遊べるのでとても楽しいし、話に引き込まれます。

 

だるまちゃんとうさぎちゃん

実際に絵本を読んだ後に帽子を作った時の写真です。

作り方通りに作ったうさぎの帽子は、4歳むすめには少し小さかったです。新聞紙で作りました!

ぐりとぐらのおおそうじ

春がやってきました。2ひきが部屋のカーテンを開けると部屋いっぱいにおひさまの光があふれて明るくなりました。
冬の間にたまったほこりでうちのなかがほこりだらけなことに気がついて、おおそうじをすることにしました。
ところがほうきやはたきがボロボロで使い物になりません。
そこで2ひきが考えたのは、なんと・・・
最後はきれいになった部屋で、うさぎたちといっしょに特別おいしいにんじんクッキーのおやつをいただきました!

引用元:amazon.co.jp

実は、冬の間に溜まったほこりを掃除しようというお話なんだ。絵本の中での季節は春だけど、年末のおおそうじ前に読み聞かせしたい絵本だよ!
おおそうじって腰が重いよね~!でもこの絵本を読むとおおそうじが楽しくなる・・・かも?

ぐりとぐらがいたら絶対楽しいですよね。

あんな風に床を滑って家がきれいになったら・・・いいなぁ。

4歳のむすめは○○もおおそうじする~!とクイックルワイパーを持ってきて張り切ってくれましたよ。

まとめ:冬の絵本を読み聞かせして、寒い冬を乗り切ろう!

冬は暗くなるのも早いし、寒いので、おうちで遊ぶことが多くなりますよね。

我が家にある絵本を整理していたら、夏の本より冬の本が圧倒的に多かったので、まとめて紹介してみました!

気になる冬の絵本はありましたか?

おうちでの読み聞かせに役立てていただけると嬉しいです!

 

Instagram(@_____erico0621)では日々の取り組みなどを発信しています。よかったら遊びに来てくださいね。

-絵本・育児本
-, , ,

© 2021 知育・幼児教育を子どもと楽しむ Powered by AFFINGER5